2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

更新ブログリスト

モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

ランキング

無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2015年3月 »

2014年11月

2014年11月21日 (金)

サバ  イナダ

11/20(木)




今朝の最低気温3℃。

海へ向かう道中、山の裾野には雲海が広がって…、そんな大げさな感じでもないですが。

 

 

海面は気温と海水温の温度差で生じる毛嵐で近くの船もぼや~っと見える。

 

この寒さでアオリはもうムリだから一端クルマの中で暖をとる。

 

今日の予定はアオリはもう終わったことを確認する為に1時間ティップラン。

その後、風止みを待って沖でジギング。

イナダ・ワラサ・サワラなどを狙いつつの事故でマダイが釣れたらいいな釣行。

 

 

9:00 スタート。

 

海水温は…

 

 

Conv0002

 

 

いちだんと寒さが身にしみる今日この頃、既にアオリイカは活性高くエサを追う水温ではないようです。水温の安定する深場に落ちたか、居ても活性は極端に落ちていると思われる。

 

予定通り、開始から2時間ノーヒット。

一度だけティップがスコーンと戻ったが空振り。

アオリだったのか?魚だったのか??

 

 

沖に行ってジギングする予定だったのですが、風が止まず“行きはよいよい帰りはびしょ濡れ”になりそうなのでこの場にとどまることに。

 

お昼過ぎにゴムボが一艇沖に滑走して行ったので、私も途中まで追いかけましたが待てよ帰りは向かい風でびしょ濡れって事を思い出し引き返しました。

 

なんやかんやで定刻の14:00になったので帰ろうかと思ったら、ナブラ発生!

 

秋のイナダでも釣って帰ろうか。

 

30gジグをキャスト!

 

ジャーク系が良いのか?タダ引きが良いのか?なんて考えながら巻いているとヒット~~~!

 

 

Conv0003

 

 

サバじゃん♪

それもそこそこ良いサイズ。

 

急にテンション上がって残業決定!(笑)

 

派手なナブラじゃないので海面を360度くまなく観察し、発見したナブラに直行し撃つ!

 

 

なかなかヒットしない。

 

 

時折、魚探に反応が出て35cmとか40cmなんて表示が出るとすかさずジグを投下。

 

そしてヒット~!

 

ライトタックルではなかなか手強い相手です。

 

Conv0004

 

丸々と肥えたイナダ君、美味しそう。

 

 

サバのナブラあり、イナダのナブラあり、そしてトドメにサワラのナブラにブチ込んだらしくしゃくったらジグの抵抗感ゼロ、リーダーからブッツリ切られ時間も時間なので終了とした。

 

 

 

予定通りの行動は出来ませんでしたが久しぶりに魚を追いかけ回して楽しかった~♪

 

 

 

Conv0008

 

 

 

2014年11月10日 (月)

そろそろ終了?、ティップラン。

11/9(日)

 

 

今日は雨も何とか持ちこたえそうだし、風も弱い、波も穏やか、まだアオリイカは居るのか?

今シーズン99杯で終了するのは何とも歯切れが悪い。せめてあと一杯釣って3桁に乗せたい。

 

前回の釣行から半月が過ぎ海水温も下がってきていると思うのでそろそろ釣れなくなるのでアオリイカのラスト釣行!?海さえ穏やかならばもう一回行けるかな???

 

目標は2~3杯。

 

10時位に釣れなくなるパターンを想定し沖で青物狙えるようにジギングタックルも用意し準備万端で出かけた。

 

 

日曜日は仲間が大勢いて楽しいですね~。

今年はもう会えないかもって思っていた若夫婦とも去年の11月17日以来ほぼ一年ぶりのアケオメ再会。

一人一人に挨拶回りしていたら出遅れ朝一の調子の良い一流し分を棒に振った?(笑)

滅多に会えない仲間達との情報交換も大切なのでまあいいか~。

まだまだ来ると思われる方々は重役出勤組かな?

 

 

出航し、変な色のゴムボに余裕で抜かれポイントへ。

途中、青物のナブラが出ていてキャスティングロッドに30gのジグをセットし投げるも掠りもしない。青物に馬鹿にされ時間のロス。

ティップランを始めたのは7時を過ぎていました。

 

半月前と比べると浮かんでいるボートの数は激減しています。ていうことはアオリイカの数も激減か?

海水温は18.1℃、かろうじてイカが釣れる限界水温!?

 

前回調子の良かったラインを1.5km/h前後で同じように流されました。

 

10分くらいでファーストヒット!

 

Conv0002_2

 

シーズン100杯目。

 

 

その30分後、ティップが明確に大きくスコンと戻り合わせるとズシリと重みを感じた。

 

そして50g60gをしゃくってもドラグが鳴らない設定にしているリールのドラグがジェット噴射と共にじりじりと音を立てた。

 

至福のひとときを堪能しつつ、身切れしないか不安になりながらも無事ネットイン!

 

 

101_2

 

 

シーズンベストの24cm。(家で測って680g)

 

胴をわしづかみ出来ないくらいの胴回りが大きさを実感。

 

 

 

1時間で本日の目標3杯クリア!

 

 

8時半ころ風が止み速度0km/hになったがイカからのコンタクトはあった。

 

風も直に吹き始めたが9時を過ぎた辺りから小一時間釣れない。

 

10時になったら沖で青物でも狙おうと思っていたら、岸側の海面がざわつき初める音が聞こえこちら側に進んできているのが分かった。そして認識旗もバタバタを音を立てる風になった。この状態で沖を目指す気にはなれずティップラン続行。

たったの3時間で一人離脱して帰航していったが私的にはあり得ない。準備が楽なカートップ?のなせる技か。

 

ここ最近は10時になるとパッタリ釣れなくなるのですが、この風のお陰で30分に一杯のペースで釣れます。

 

 

背後からエンジン音。

ペコちゃんでした。(誰のこっちゃ。笑)

並んでティップランしていたら、バシャバシャと海面で暴れる音がし振り返るとイナダ捕獲してました。ティップランしてた筈なのに?良くティップランしていて泳いでいるイナダが見えたな~。(^^;)

それを一撃で仕留めるのは流石ですが、変わり身の速さに驚いた。

 

 

あっという間に12時です。

 

 

前回はこの時間から沖に行ってジギングしましたが、沖に行ってたゴムボが既に戻ってきていると言うことは青物イマイチなのかな?

 

飽きない程度に釣れるのでここに留まることにします。

 

一人帰航、そしてまた一人・・・。

 

次々に帰航していき取り残されました。

 

ポイントを打ちながら少しずつ浅い方に行って帰ろう。

 

 

 

2~3杯追加し、

 

 

Conv0006_2

 

 

ナブラ撃ちでサゴシも捕獲。骨のある魚を持ち帰るのは2ヶ月ぶりです。

 

 

 

目標の2~3杯を大きく上回る13杯は上出来です。

 

と思って家に帰って数えたら14杯でした。(汗)

 

 

Conv0007_2

 

 

アオリイカ 14 (最大24cm 最小15cm

 

サゴシ   48cm

 

チビハタ  リリース

 

 

 

 

前回釣ったアオリイカを一週間ほどかけて乾燥させ真空パックにしました。

 

 

102_2

 

 

冬にコタツに入りながらオーブントースターで焼いて食べるのが楽しみです~。(^^

釣れなくなるまで狙う予定なのでもう一回はティップランやるかな。。。

 

2014年11月 6日 (木)

文化の日 ドラゴン・・

11/3 文化の日

 

毎年紅葉シーズンになるとドラゴンドラのCMを目にし、一度行ってみたいと思って居ましたがタイミングが合い念願叶って行ってきました。

(ドラゴンって太刀魚を期待していた方はゴメンなさい。全く関係ない内容です。汗)

 

 

駐車場からゴンドラ乗り場までの区間は無料のシャトルバスで移動します。

 

 

Conv0012

 

 

 

長さ5,481mの日本最長のゴンドラで山肌に沿ってアップダウンするので変化もあり25分間もあっという間です。冬期はスピードアップして15分で到着するらしいです。

 

Conv0001

Conv0002

Conv0003

 

 

残念ながら紅葉ハイシーズンではないでしたが、ソーダ水のような綺麗な渓流と色鮮やかな二居湖が印象的でした。

 

 

 

山頂のたしろ高原に着くと白樺に日光がスポット的に照らされてとても綺麗でした。

 

Conv0004

 

 

Conv0005_2

 

 

 

レストラン アルム で大なめこそば(¥1,000)を頂きながら

 

 

Conv0006

 

 

スージーラブ のライブを見学。

 

Conv0007

 

たまたま行った日にライブイベントをやっていました。

 

 

そのほかにも色々と企画されているようなので行かれる方はそれに合わせた方がお得かもしれません。紅葉営業は今度の日曜までですが紅葉を見るならもっと早い時期に行った方がいいと思いました。

 

 

Conv0008
(拡大可能)

 

 

復路のゴンドラに乗る頃になって小雨が降り出しました。そして、小さな雪(アラレ)も舞いました。

やっぱり山の冬は早い。

 

 

往路も復路も進行方向側に乗車。8人乗りゴンドラは中央に座席が背中合わせに配置され景色が見やすくなっています。往路は前後二人ずつの4人乗りで来ましたが復路は団体さんも居た為に強制的に後ろ向きの席に入れられそうになったので前側に乗ったカップルに断って一緒に前側に座りました。後ろ側におばちゃん達が3人乗り7人での空中散歩となりました。

小雨が降っていたので前側の窓に小雨の雨粒が付着して景色もよく見えませんでした。逆に後ろ向きで乗ったおばちゃん達の窓は雨粒も付かず景色は良く見えていました。がペチャクチャしゃべくっていて景色は見ているのか居ないのか?

 

このドラゴンドラに乗っていると何処かに熊の置物があるっていう話をしっていた私は往路からチェックしていたのですが見つけることが出来ませんでした。

紅葉も終わった感があるし雨粒で景色もイマイチなので

 

 

Conv0010

 

 

熊探ししていたら目の前に突如!熊現る!

 

思わず「あ!クマ居た!」って叫んだ(?)らゴンドラ内が騒然となり(笑)、

 

後ろでシャべくって居たおばちゃん達が「えっ!?」って一斉に振り返ってこっちをみました。(汗)

 

たまたま一緒のゴンドラに乗り合わせたカップルとおばちゃん達、知らない人同士が1つになった瞬間でした。(^^;)

 

こんな騒ぎになるとは思っても居ないハプニングでした。

 

 

そのクマがこれです。

 

 

 

Conv0022

 

 

 

今後、行く人も居ると思うから場所が分かると楽しみが無くなるので背景をトリミングでカットしました。

 

 

冬は雪に埋もれるのだろうか?スキーシーズンには見れない隠れキャラですね。

 

 

 

 

 

 

帰りのシャトルバスで移動中、道路に大きなボスザルが悠々と闊歩していました。

苗場プリンスホテルに程近いこんな所にサルが居るとは思わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~ 時間に余裕があったので清津峡に足を運んだ。 ~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

清津峡は、私が自動車免許取り立ての頃に友達と来て以来なので約35年ぶり???

 

 

Conv0020

 

 

古い記憶を辿ってみると清津川に沿って遊歩道を歩いたはずなのに突然トンネルが現れた。

 

 

Conv0014

 

 

調べてみると、昭和63年に落石死亡事故が発生し、遊歩道は通行禁止になり平成8年にこのトンネルが出来たとのことである。

 

 

入坑料 600円 払い中へ進む。

 

 

景観の良い所に横穴が開けられ見学出来るようになっていた。

 

柱状節理の岩肌と清津川の清流が堪能出来ます。

 

 

 

 

Conv0015

 

 

Conv0017

 

 

Conv0016

 

 

最深部の見晴所に行くと以前歩いたと思われる遊歩道の痕跡があった。

 

 

Conv0018

 

 

 

清津峡が日本三大渓谷(黒部渓谷・大杉谷・清津峡)の1つだとは行くまで分かりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

降水確率90%の日でしたが、殆ど雨にも打たれず天気予報も悪かった事もあり混雑することもなく日帰りコースにはうってつけで良い文化の日でした。

 

 

 

Conv0019

 

 

« 2014年10月 | トップページ | 2015年3月 »

カウンター

My homepage

  • 釣果はこちらで確認出来ます。
            ↓
        日記に直接お越しの皆様、折角ですので管理人が苦労して作ったメインのホームページも覗いてみて下さい。日記(Capricious diary)ほど更新は頻繁ではないですけど。(^^;)

    ※ 諸事情により釣り場・出艇場所等に関するご質問には一切お答え出来ません。

オススメ!?

ブログパーツ

最近のトラックバック