2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

更新ブログリスト

モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

ランキング

無料ブログはココログ

旅行・地域

2014年11月 6日 (木)

文化の日 ドラゴン・・

11/3 文化の日

 

毎年紅葉シーズンになるとドラゴンドラのCMを目にし、一度行ってみたいと思って居ましたがタイミングが合い念願叶って行ってきました。

(ドラゴンって太刀魚を期待していた方はゴメンなさい。全く関係ない内容です。汗)

 

 

駐車場からゴンドラ乗り場までの区間は無料のシャトルバスで移動します。

 

 

Conv0012

 

 

 

長さ5,481mの日本最長のゴンドラで山肌に沿ってアップダウンするので変化もあり25分間もあっという間です。冬期はスピードアップして15分で到着するらしいです。

 

Conv0001

Conv0002

Conv0003

 

 

残念ながら紅葉ハイシーズンではないでしたが、ソーダ水のような綺麗な渓流と色鮮やかな二居湖が印象的でした。

 

 

 

山頂のたしろ高原に着くと白樺に日光がスポット的に照らされてとても綺麗でした。

 

Conv0004

 

 

Conv0005_2

 

 

 

レストラン アルム で大なめこそば(¥1,000)を頂きながら

 

 

Conv0006

 

 

スージーラブ のライブを見学。

 

Conv0007

 

たまたま行った日にライブイベントをやっていました。

 

 

そのほかにも色々と企画されているようなので行かれる方はそれに合わせた方がお得かもしれません。紅葉営業は今度の日曜までですが紅葉を見るならもっと早い時期に行った方がいいと思いました。

 

 

Conv0008
(拡大可能)

 

 

復路のゴンドラに乗る頃になって小雨が降り出しました。そして、小さな雪(アラレ)も舞いました。

やっぱり山の冬は早い。

 

 

往路も復路も進行方向側に乗車。8人乗りゴンドラは中央に座席が背中合わせに配置され景色が見やすくなっています。往路は前後二人ずつの4人乗りで来ましたが復路は団体さんも居た為に強制的に後ろ向きの席に入れられそうになったので前側に乗ったカップルに断って一緒に前側に座りました。後ろ側におばちゃん達が3人乗り7人での空中散歩となりました。

小雨が降っていたので前側の窓に小雨の雨粒が付着して景色もよく見えませんでした。逆に後ろ向きで乗ったおばちゃん達の窓は雨粒も付かず景色は良く見えていました。がペチャクチャしゃべくっていて景色は見ているのか居ないのか?

 

このドラゴンドラに乗っていると何処かに熊の置物があるっていう話をしっていた私は往路からチェックしていたのですが見つけることが出来ませんでした。

紅葉も終わった感があるし雨粒で景色もイマイチなので

 

 

Conv0010

 

 

熊探ししていたら目の前に突如!熊現る!

 

思わず「あ!クマ居た!」って叫んだ(?)らゴンドラ内が騒然となり(笑)、

 

後ろでシャべくって居たおばちゃん達が「えっ!?」って一斉に振り返ってこっちをみました。(汗)

 

たまたま一緒のゴンドラに乗り合わせたカップルとおばちゃん達、知らない人同士が1つになった瞬間でした。(^^;)

 

こんな騒ぎになるとは思っても居ないハプニングでした。

 

 

そのクマがこれです。

 

 

 

Conv0022

 

 

 

今後、行く人も居ると思うから場所が分かると楽しみが無くなるので背景をトリミングでカットしました。

 

 

冬は雪に埋もれるのだろうか?スキーシーズンには見れない隠れキャラですね。

 

 

 

 

 

 

帰りのシャトルバスで移動中、道路に大きなボスザルが悠々と闊歩していました。

苗場プリンスホテルに程近いこんな所にサルが居るとは思わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~ 時間に余裕があったので清津峡に足を運んだ。 ~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

清津峡は、私が自動車免許取り立ての頃に友達と来て以来なので約35年ぶり???

 

 

Conv0020

 

 

古い記憶を辿ってみると清津川に沿って遊歩道を歩いたはずなのに突然トンネルが現れた。

 

 

Conv0014

 

 

調べてみると、昭和63年に落石死亡事故が発生し、遊歩道は通行禁止になり平成8年にこのトンネルが出来たとのことである。

 

 

入坑料 600円 払い中へ進む。

 

 

景観の良い所に横穴が開けられ見学出来るようになっていた。

 

柱状節理の岩肌と清津川の清流が堪能出来ます。

 

 

 

 

Conv0015

 

 

Conv0017

 

 

Conv0016

 

 

最深部の見晴所に行くと以前歩いたと思われる遊歩道の痕跡があった。

 

 

Conv0018

 

 

 

清津峡が日本三大渓谷(黒部渓谷・大杉谷・清津峡)の1つだとは行くまで分かりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

降水確率90%の日でしたが、殆ど雨にも打たれず天気予報も悪かった事もあり混雑することもなく日帰りコースにはうってつけで良い文化の日でした。

 

 

 

Conv0019

 

 

カウンター

My homepage

  • 釣果はこちらで確認出来ます。
            ↓
        日記に直接お越しの皆様、折角ですので管理人が苦労して作ったメインのホームページも覗いてみて下さい。日記(Capricious diary)ほど更新は頻繁ではないですけど。(^^;)

    ※ 諸事情により釣り場・出艇場所等に関するご質問には一切お答え出来ません。

オススメ!?

ブログパーツ

最近のトラックバック